立命館大学国際平和ミュージアム Kyoto Museum for World Peace, Ritsumeikan University

ミニ企画展示 MINI-EXHIBITIONS

開催終了

2018年4月28日(土)~5月20日(日)

第115回ミニ企画展示「私のレンズを通して見た、占領下のパレスチナ」

「ノスタルジア」撮影 ハイサム・ハーティブ

開催趣旨

 国連安全保障理事会が「イスラエルによるパレスチナ占領地での入植活動は国際法違反である」と非難しているにもかかわらず、パレスチナに住む人々は、代々受け継いできた土地に暴力的な手段で入植するイスラエルの行為に日常的に苦しめられているのが現状です。
パレスチナ西岸地区ビリン村の住人であるハイサム・ハーティブ氏は、こうした悲惨な現状を世界に伝えたいと考え、2005年からジャーナリスト・カメラマンとして、イスラエル兵からゴム弾や催涙ガス弾で狙われるデモ参加者の様子やイスラエル兵が夜間に民家を包囲して捜索する場面などを撮影し、ソーシャルメディアなどで配信してきました。
NPO法人アースキャラバンは、ハーティブ氏が撮影した写真を通して、パレスチナで何が起こっているのかを当事者の視点から伝えたいと本展を企画しました。本展では、現地の写真22点と映像、およびパレスチナの歴史を解説するパネルを展示します。パレスチナ問題の現状を知り、どのように解決できるかを考える機会になることを願っています。

概要

会  期 2018年4月28日(土)~5月20日(日)
休 館 日 月曜日
開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
会  場 立命館大学国際平和ミュージアム 2階常設展示室内
料  金 大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円) ※ 地階受付・1階特別展受付で見学資料費をお支払いください。 ※ ( ) 内は20名以上の団体料金です。 ※5/18・19・20は国際博物館の日のため無料公開 ※立命館で学ぶ人、働く人は無料です。
主  催 特定非営利活動法人アースキャラバン公式HP(外部リンクに飛びます)
共  催 立命館大学国際平和ミュージアム

pagetop