立命館大学国際平和ミュージアム Kyoto Museum for World Peace, Ritsumeikan University

ミニ企画展示 MINI-EXHIBITIONS

開催終了

2018年9月11日(火)~9月30日(日)

第118回ミニ企画展示 写真展 原発とたたかうトルコの人々ー日本の原発輸出、現地の声は?ー

開催趣旨

 日本が原発輸出を計画するトルコは1986年に起ったチェルノブイリ原発事故の汚染被害も経験しており、原発建設計画が具体化した1970年代から40年以上反原発運動が続いています。
 本展では、トルコの反原発運動の様子や現地の声を、写真を中心とした展示で紹介し、世界各地で起こっている、原発に反対する市民の声に注目するきっかけとなることを願い開催します。
 また、主催者である森山拓也氏は、現在同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科に在籍しており、2015年からトルコの反原発運動を取材しています。その様子はドキュメンタリー映像「沈黙しない人々」として纏められ、2017年横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバルで準優秀作品に選ばれました。

概要

会  期 2018年9月11日(火)~9月30日(日)
休 館 日 月曜日(ただし9/17は開館)、9/18(火)
開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
会  場 立命館大学国際平和ミュージアム 2階ミニ企画展示室
料  金 大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円) *上記( )内は20名以上の団体料金です。 *常設展示もご覧いただけます。 *先に地階受付で見学資料費をお支払いください。 ※立命館で学ぶ人、働く人は無料です。
主  催 森山拓也
共  催 立命館大学国際平和ミュージアム
後  援 ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン

pagetop