立命館大学国際平和ミュージアム Kyoto Museum for World Peace, Ritsumeikan University

ミニ企画展示 MINI-EXHIBITIONS

開催中

5月1日(水)~5月25日(土)

第123回ミニ企画展示 堂畝紘子写真展「生きて、繋いで-被爆三世の家族写真-」

開催趣旨

 原爆投下から74年。被爆者である祖父母から実体験を直接聞くことのできる最後の世代である私たちは、その記憶をどう受け止め、次の世代へ伝えていけば良いのでしょうか。本展では、被爆者から被爆三世(四世)までの命のつながりを10組(約70点)の家族写真と、それぞれの家族で継承されている被爆体験をパネルや冊子にして展示します。
 写真家の堂畝紘子(どううね ひろこ)さんは、2015年1月から撮影活動を開始し、これまでに広島・長崎で70組を超える家族を撮影してきました。撮影を予定していた被爆者の方が直前に亡くなることも度々あり、残された時間は多くなく、今活動することの重要さを強く感じると言います。
 
 被爆者の高齢化が進み、被爆・戦争体験を若い世代にどう継承していくかが問われる中で、核兵器・原子力・戦争・平和・命・絆などについて考えるきっかけとなることを願い開催します。

【被爆三世 これからの私たちはproject】
 被爆三世・同世代、次世代のこれからを考えてもらう、きっかけ作りのための非営利な平和市民活動。有志メンバーによる集団で、「被爆三世(同世代・次世代)」の視点から作品制作・展示・発表活動を行うことを目的として、広島・長崎を拠点に活動している。
http://hibaku3sei.tiyogami.com/

概要

会  期 2019年5月1日(水)~5月25日(土) ※ 5月18日(国際博物館の日)は無料公開します
休 館 日 日曜日(ただし、5月5日は開館)、5月2日(木)、5月6日(月)
開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
会  場 立命館大学国際平和ミュージアム2階 常設展示室内
料  金 大人400円(350円)、中高生300円(250円)、小学生200円(150円) ※ ( ) 内は20名以上の団体料金
主  催 被爆三世これからの私たちはproject
共  催 立命館大学国際平和ミュージアム

pagetop