立命館大学国際平和ミュージアム Kyoto Museum for World Peace, Ritsumeikan University

博物館実習含む:第133回ミニ企画展示 133TH MINI-EXHIBITION

「戦後75年特別企画 ミュージアム・この1点」 
WEB展示

 

 19458月の敗戦から、今年の8月で75年が経とうとしています。戦争の記憶をどのように継承するかとともに、この75年間をどう考えるかが今の私たちに問われています。新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休館が続いており、展示をご覧いただけない状況ですが、平和ミュージアムとして、展示を通して上記の問題を投げかけるためのWEB展示を企画いたしました。
 今回紹介する資料は館長・名誉館長・学芸員・学生スタッフ・ボランティアガイドなど、当館で活動する様々な立場と年齢の選定者が、それぞれの視点から選んだものです。展示資料からは「戦争資料をどのように捉えるか」、「ミュージアムにやってくる資料にはどんな背景があるのか」、「現代が抱える構造的暴力の問題とはなにか」など様々な側面から戦争と平和について向き合う視点を見出すことができます。この展示が戦後75年という月日の持つ意味について考えるきっかけとなることを願います。

展示内容

ここで紹介しているコンテンツの無断転用を禁止します。

 

日本軍が中国でまいたちらし 通行証・投降票 弾よけ胸あて(心臓防護板)
興亜ナカヨシスゴロク 飛行兵と母 恩賜の短剣
地図:CITY OF KYOTO KYOTO PREFECTURE HONSYU JAPAN 広島の原爆瓦 さいころくん

 

 

2020年度博物館実習 展示実習

2020年度博物館実習にて「戦後75年特別企画 ミュージアム・この1点」の実習生バージョンを制作しました。
実習生ならではの展示をご覧ください。
博物館実習の様子はこちらでご覧いただけます。
【2020年度博物館実習報告】

 

『週刊朝日第44巻21号「学徒出陣号」』 絵葉書:修養団顧問渋沢子爵米寿祝賀記念 訓示
紙芝居「敵くだる日まで」 紙芝居『トビウオのぼうやはびょうきです』 出征兵士を送る歌
総魂帰神 大東亜戦争割引国庫債券 朝日新聞夕刊
日記

 

 

 

   

pagetop